学ぶ・体験する

野菜を買うには


百菜劇場オンラインショップ


百菜日記ブログ

NPO法人百菜劇場の毎日をお届けします。
お米づくりスプリング除草の効果やいかに
こんにちは、ひろべです。
最近は、田んぼの草取りに翻弄されています。

私たちは、「草は生える前に取る!」という無農薬栽培のお約束にならって、
草が生えないための工夫をいろいろと試しているのですが、
今年もやっぱり「い草」がひどいです。

草が生えないためにしていることは、大きく3つ。

その1
「田んぼの表面にトロトロ層をつくる」

トロトロ層というのは、その名のとおり、トロトロとした粒子の細かい泥の層なのですが、
これがとても大事なんです。
少しマニアな話なので、興味のある方はこちらのページを→トロトロ層『現代農業』用語集
前に、長浜のお米農家の柴田さんの田んぼを訪ねたとき、
トロトロ層の厚さに、ぶっ飛びました!さすが、何年も無農薬をつらぬいている田んぼは違います!
それで、トロトロ層をつくるために、私たちがしていることは、

・稲刈りの後、10月のうちに田んぼに有機肥料(魚粉)をまく。
・田んぼに早めに水を張る(4月上旬)
・田植えと同時に、田んぼにオカラをまく。

ということです。


その2
「田植えの後、水を深く保つ」

水を深く保つことで、草が生えてくるのを防いでいます。
そのためにも、しっかりとした大きな苗を育てなくてはいけません。
しっかりとした大きな苗を育てるために、種を薄まきにしたり、
育苗機に入れず田んぼで発芽させたり、保温シートを取るタイミングに気をつけたり、
これまた、いろいろな工夫をしています。

水を深く保つ、って一言だけど、そのために畦を補修したり、
苗の生育にあわせて水の深さを変えていったり、これがなかなか難しいです。

その3
「根が張る前に草取り」

昨年までは、チェーン除草というのをしていました。
詳しくは、一昨年の記事をご覧ください。

けど、チェーンがあまりにも重くて大変なので、今年は新たな道具を作りました!
ビニールハウスに使うスプリングを使った「スプリング除草器」です。

↑スプリング除草器をつくるネヅさん

『現代農業』を参考にしたり、ネットで調べたり、
大先輩の中道農園さんに見学に行ったりして、作りました。

↑スプリング除草器使用中

チェーン除草器に比べたら、かるいかるい。時間も半分以下に短縮できました!

こんな風に、田んぼに草を生やさないために、いろんなことを試しているのですが、なかなか。。
すくすくと伸びた草をせっせと取る毎日です。

今の方法が一番よいと思っている訳でもなく、
来年もっと工夫できることがあれば取り入れていきたいです。

今日は、せっかくブログがあるんだから、私たちの現状を公開することで、
先輩農家さんや経験者からアドバイスがもらえたらいいなと思って、書いてみました。
よろしくお願いします。


ひろべ
 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.100seeds.net/trackback/1276201
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2013/07/15 1:38 PM
<< 畑で過ごそう!〜夏休み子ども絵画教室〜開催します | main | 田んぼの草取り2013 >>