学ぶ・体験する

野菜を買うには


百菜劇場オンラインショップ


百菜日記ブログ

NPO法人百菜劇場の毎日をお届けします。
はたけっこ巻き寿司つくりました〜
参加者さんからのリクエストもあり
2月のはたけっこはみんなで巻き寿司に挑戦しました。

お米を研いで、炊飯器にセットしたら、
まずは具材の下ごしらえ。


順番に卵を割って


溶きます

干し椎茸は水で戻した後、薄く切ります。


今回、一緒に作ってくれた津田さん。
きゅうりの切り方の?


上手に分担して準備。


厚焼き卵づくりにも挑戦。

ご飯も炊き上がり、酢飯も完成。
下ごしらえができました。


酢飯。少し柔らかめに仕上がり。


砂糖を少しいれ、ちょっと甘めのたまご。
焼き加減も○。


かんぴょう。しいたけの戻し汁に砂糖、醤油、みりん、酒を加えて炊きました。
普段みかけるかんぴょうよりも色は薄いけれど味は◎


かんぴょうを炊いた出汁でしいたけも。
このしいたけの香りにおなかの虫が反応。。。。


きゅうりと津田さんが持ってきてくれた魚肉ソーセージもカット。

そして、ここからが本番です。
下ごしらえは完璧、最後の仕上げ”巻き”にかかります。


まずは津田さんがお手本を。巻き簀に海苔をのせ、酢飯を敷き詰めます。
奥側に余白を残しておくのですが、海苔に入っている筋を目安にすると良いようです。
具材は酢飯の真ん中に置き、巻き簀ごと巻きます。
あっという間の出来事でした。


みんなで挑戦。
あちらこちらで「津田さん!」の声。
実際にやってみると、細かいところが気になるもの。
私も、具を乗せていざ巻こうとしたときに
左手の持って行き場がわからなくなるという何とも不思議な出来事が。。。


みなさん上手に巻いています。


切ってみると・・・
ごはんと具のバランスが大切です。
右の細巻きはご飯の入れすぎで大失敗。欲張ってはダメですね。
杉本さん曰く、
巻き終わりのご飯と海苔が重なったらダメ。だそうです。


巻き寿司と津田さんが持ってきてくれた白菜、大根を使ったスープとおかず。
いつもながら、杉本さんのつくる出汁は!
かんぴょう、しいたけを炊いた出汁で炊いた丸大根も美味しかったです。

今回は基本の太巻きでしたが
これを機に、家でもいろんな太巻きに挑戦してください!


次回は3月17日(木)9:30〜
ジャガイモの植え付けと夏野菜の種まきを予定しています。
お楽しみに!
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.100seeds.net/trackback/1276371
この記事に対するトラックバック
<< 2/20(土)・2/28(日) 味噌仕込みの会2016 | main | 百菜劇場メールマガジンvol.108 >>