学ぶ・体験する

野菜を買うには


百菜劇場オンラインショップ


百菜日記ブログ

NPO法人百菜劇場の毎日をお届けします。
お米づくりお米の発送

まもなく新米の収穫です!

この時期にお米の注文をいただくと、

あと少し待ってもらえた新米をお届けできるんだけどなぁという惜しい気持ちと

新米までに前年のお米の在庫をできるだけ減らしたいので、助かるなぁという気持ちと

複雑な気持ちでお米を発送します。

お客さんは「今のお米も十分おいしいですよ〜」と言ってくれていて、本当にありがたいです。

 

毎年、この時期には前年のお米は売り切れていて、定期配送分だけを残している状態ですが、

今年は私の営業不足でまだ残っています。

それでもだいぶ少なくなったので、残った分は冬に米麹にして売り切ろうと思います。

 

前年のお米の収量は約2,400kgでした。

今年は田んぼを増やした分、プラス1,000kgは採れそうです。

私のような小規模な農家は、販売まで自分でしなくては成り立たないので、

つくるのと同じように、売ることもがんばらなくては!です。

 

今のところ、採れたお米の9割ぐらいは消費者に直接販売していますが、

1割は、信頼関係にある小売店に卸しています。

先週は、大阪の八百屋さん、京都の豆屋さんにお米を発送しました。

 

大阪の八百屋さんは、北千里にある「野菜ソムリエの店のら」さんです。

ほぼ毎月、玄米の2kg袋を10袋送っています。

「野菜ソムリエの店のら」さんは、滋賀県立大学の卒業生が起業したお店で、

お米の売り先に困っていたとき、県立大の先生に紹介してもらいました。

お米づくりをはじめた、まだ何の実績もなかったころからお取引きしていただいています。

 

京都の豆屋さんは、豆料理キットで有名な「楽天堂」さんです。

以前、楽天堂さんで開いている「小さな仕事塾」という勉強会に参加したことがご縁で、

お米や米粉のお取引きがはじまりました。

楽天堂さんでは、玄米・5分づき米・7分づき米・白米の量り売りをしていただいています。

 

「野菜ソムリエの店のら」さん、「楽天堂」さんはじめ、

お取引きいただいている小売店さんは、人として、経営者として、大尊敬している人たちです。

 

そして、その先にいる、お米を買ってくれているお客さんとは、

なかなか顔を合わせる機会はありませんが、常に感謝しています。

 

新米も楽しみにしていてください!

 

ひろべ

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.100seeds.net/trackback/1276395
この記事に対するトラックバック
<< はたけっこ2016vol.6開催します | main | 百菜劇場メールマガジンvol.116 >>